Lot 3508 

PCGS-SP63(×2) ROMANIA ルーマニア ”Essai”Pattern 5Lei 1879BWith Oridinal Case オリジナルケース入 見本打 UNC★当Lotはカタログ内容に誤記載がありました。Web上の情報をご参照ください。

Starting price : JPY 3,500,000
≈ USD 22,400 ≈ CNY 162,050 ≈ EUR 20,650
Current price: JPY    12,000,000    (Bid numbers:35)
    ≈ USD 76,800 ≈ CNY 555,600 ≈ EUR 70,800
Buyer's premium: 11.0%, Total :13,320,000
The lot is closed.
Total Price:JPY 
13,320,000

Description PCGS-SP63(×2) ROMANIA ルーマニア ”Essai”Pattern 5Lei 1879BWith Oridinal Case オリジナルケース入 見本打 UNC

KM-Pn39(×2)by L.Wiener カロル1世 試作贈呈用5レイ銀貨? 2枚セット ブリュッセル鋳 カロル1世はホーエンツォレルン・ジグマリンゲン家の出身で、クリミア戦争後、半独立国家となったワラキア・モルダビア統一公国の王字として迎えられ、1866年にルーマニア公国を成立した。この5レイ銀貨は1880年以降、量産された5レイに先駆け右向き肖像で、ルーマニア初めての大型貨幣の試作貨として亜鉛,銅,ブロンズ,銀の素材で製造されたとカタログにある。いづれも殆どがオークションに出ない品だが、30年程前、銀貨が2点存在し、1枚はブカレストの博物館に収蔵されているとルーマニア人のエキスパートから聞いた覚えがある。その後、全く音沙汰がなかった。今回出品されたセットは2019年11月18日”Numismatica Genevensis”社のAuction12のLot965として30000スイスフラン+αで落札された品である。カタログの記載には重量が24.80gと24.42gとあり、銀貨の重量である25gとほぼ一致する。PCGS社のシールにも共に”KM-Pn39”とあるのでKMのナンバーと一致するため、銀打ちに間違いないと思われるが、両品共に変色があり、1枚の肖像面は茶色のトーンとなっているため、説明文に”5レイ銀貨”と表記した次第である。2枚セットの理由も表裏を同時にある人に見せるためだったかもしれない。いずれにせよ、二度とお目にかかれない唯一セットと思われるので、ルーマニアの至宝をお楽しみ下さい。ウルトラレアセットⓇⓇⓇ
見本打 UNC
  • User quotas
  • Total Ammount : 0
  • Used : 0
  • Valid : 0
  • If you need more Bid Limit, click here!